JILUKA/Xenomorphic(ゼノモーフィック) [DPRJ-1007]

JILUKA/Xenomorphic(ゼノモーフィック)

【JILUKA】のDVD付きミニアルバムがリリース♪


<プロフィール:JILUKA(ジルカ)>

Ricko(リコ/vo)・Sena(セナ/g)・Boogie(ブギー/b)・Zyean(ジェーン/dr)の4人によるラインナップ

で2015年2月に始動。

4月にデビュー・ミニアルバム『Brave Agonistic Letters Under Segregation』(DPRJ-1002)を発売。

 尖鋭なアグレッションとヘヴィネス、そして、多彩な音楽エッセンスを激甚なサウンド・スタイルに融合させ、それとは対比的にメロディアスな旋律を紡ぐ事で、様々な感情を表現している。

新世代のセンスから放射される印象的なメロディの輝きと鮮烈な楽曲展開は、まさしくJILUKAの真骨頂であり、強烈なトレードマークである。


2015年8月の2ndミニアルバム『DESTRIEB』(DPRJ-1003)では、V系ならではの印象的なメロディラインと激烈なDjentファクターを昇華させた“V系ジェントコア”を打ち出し、続く11月リリースの2ndシングル『Lluvia』(DPRJ-1004)では、それが更に激化した「V系モダンメタル」を誕生させる。

 そのJILUKAサウンドのハイブリッド&メタリックな真髄は、翌2016年4月20日リリースの3rdシングル『Faizh』(DPRJ-1005)において衝撃的な進を遂げる事となった。

(尚、このシングルに附属するDVDには、JILUKAが2015年に発表した楽曲群の中から選りすぐった3大キラーチューンのMVが収録されている)


その勢いを駆り、初ワンマン(5月21日)→2ndワンマン(9月23日)と連破したバンドは2016年末(12月21日)に初の2タイプ仕様にて4thシングル『Divine Error』(DPRJ-1006)をリリース。このタイトル曲はJILUKAの新たなる進撃の狼煙となる。

そして今、彼らは今年(2017年)7月23日にセットされた渋谷WWWでの3rdワンマンへ向けて、心血のすべてを注いだ勝負の日々を繰り広げている。

そんなJILUKAから野心満載で発信されたのが、『Xenomorphic』と題された新作ミニアルバムのリリース告知であった。

6月28日と告げられたこの最新作がJILUKAの新たな代表作として、より広範なファン層を獲得して行く事に疑いの余地はない。

この3rdミニアルバム『Xenomorphic』のリリースによって遂げられるであろうJILUKAの大躍進、まさに刮目である。

[2017/6/28]【DPR JAPAN/ONG DISTRIBUTION】[DPRJ-1007]
JILUKA/Xenomorphic(ゼノモーフィック) [DPRJ-1007]

販売価格: 3,456円(税込)

数量:

商品詳細

CD+DVD DPRJ-1007